読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こたろうの日々

男女の双子育児と趣味について好き勝手に語ってます

「久しぶりの雷鳴と怯える子どもたち」の話

こんばんは、こたろうです。

題名の通り、久しぶりの大きな電光からの雷鳴で子どもは怯えていました。

子どもたちが生まれてから、一番の雷鳴だと思います。

子どもながらに雷に怯えていましたが、大人だって意外と臆病で雷は怖いものです。

こたろうの住んでいる地域は、春から夏にかけて雷が多いといわれています。

まさにこれからが雷シーズン。

おへそを隠す前に脚にしがみついてくる可愛らしい子どもたち。

まだまだ雷に泣かされる時期は続きそうです。