読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こたろうの日々

男女の双子育児と趣味について好き勝手に語ってます

「足の裏にある感触」の話

こんにちは、こたろうです。

子どもたちが自分でご飯を食べるようになってから増えたもの。

・着替え(汁物がこぼれた時に着替える為)

・食器(双子なので洗い物が多いような気がします)

・食事時間(長男・長女が並んで食事をする為、ちょっかいを出し合います)

・机のまわりに散らばるご飯粒やパンくず


最後にあげた、ご飯粒やパンくずがなかなかの曲者です。

こたろうや相方は、靴下をはいていても踏めば違和感があるのに対し、子どもたちは全く平気な様子で歩き回ります。

それ故、

食器→フォーク→机のまわり→足の裏→部屋のいたる場所

という何ともいえない連鎖が発生してしまいます。

足だけを気にしていると、

食器→フォーク→服→部屋のいたる場所

という派生の連鎖もあります。


こた「子どもだから仕方ないよね。掃除は大変だけど、気を付けてのけるようにしておくよ。」

というと、

相方「赤ん坊の時には背中に敏感なスイッチがあって、布団におろすだけで起きてたのに、足の裏のご飯粒に気付かないのは何なんだろう。」

という至極的を得た意見もいただきました。

靴下の裏のご飯粒を取りながら、見守っていきたいと思っています。