読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こたろうの日々

男女の双子育児と趣味について好き勝手に語ってます

「入所式と参観日」の話

こんばんは、こたろうです。

遅くなりましたが、今年度もよろしくお願いします。


日付が変わったので本日、入所式があります。

保育所は今までと同じで学年(組)だけ進んだ感じになります。

今まで通っていたならだいたいわかるでしょ?

と思われるかもしれませんが、学年が上がることで教室の位置(棟)が変わってしまうので、まったくと言っていいほど分かりません。

冗談ではなく、靴箱さえもどこにあるのかわからないのです。

無論、入所式に参加した時に説明はしてもらえるのですが、それまでは胸がドキドキしてしまいます。
案外へたれなのです。


そして、入所式よりも大変なのが、3日をかけて行われる家庭訪問です。

自宅に来てもらうのは1回なのですが、少し時間設定も長く、それに拍車をかけ、今回は担任の先生が変わるようでまた馴染むのに時間がかかりそうです。

家庭訪問といえば、部屋の片付けですよね。

姉もそうだと言っていましたが、なかなか部屋が片付きません。

片付けすぎるとモデルハウスみたいになって生活感がないよね。

何て冗談をいうのが精一杯です。

仕事の空いた時間に片付けてきましたが、まさかの当日突入となりました。

ここからは、いかに空間に上手に物を置くかにかかっています。

こたろうの戦いはまだ続きそうです。