こたろうの日々

男女の双子育児と趣味について好き勝手に語ってます

「ありがとう、今年度」の話

こんにちは、こたろうです。

早いもので、今日で3月も終わり、明日からは新年度(平成29年度)が始まります。

長男・長女ともに保育所での組も1つあがり、また忙しい日々がやってきそうです。

新年度に向け、今年度の保育所から頂いたプリントを整理しようと思い、我が家なりのプリントの処分方法を紹介したいと思います。


まずは、今年度で使わなくなるプリントかどうかを判断します。
プリントの中には入所式や4月分の予定表がある場合があるので、間違って捨てないようにしておきます。

こたろうは来年度に執行部に参加することになったので、わりと必要なプリント(引き継ぎの日程など)が多かったです。


次に、長男・長女についての記載があるかないかを見ます。
保育所では、誕生日月やイベント毎にプリントが貰えるのですが、そのなかに長男・長女の写真やコメントがあったりします。
写真やコメントがあった場合は、そのプリントを保管するか写真に撮って保存します。

残りのプリント(と言っても95%は残ってますが)は、両面印刷かどうかを見て、片面に印刷がない場合にはメモ帳として適度に切り、クリップなどでまとめておきます。

両面印刷の場合には、雑誌と雑誌の間に挟み、紙ゴミの日(雑誌や段ボールを回収してくれる日)に出します。

プリントに名前が印刷されていて気になる場合には、面倒でなければ、名前部分を切り取り紙ゴミへ、面倒なら燃えるゴミでもいいと思います。


年度が変わるこのタイミングでプリントを整理することで、来年度のプリントが探しにくくなることも防げるので、是非やっておくことをおすすめします。

来年度もよろしくお願いします。

「今年もいらっしゃい」の話

こんばんは、こたろうです。

昼頃に仕事がてら外を見ていました。

今年は桜前線が来るのが遅いようで、桜の開花予想日を過ぎてもまだまだつぼみしかない感じで、春はまだ遠いなぁなどと考えていました。

そんなことを考えていたこたろうの耳に聞こえてきたのは、何とも懐かしい『ツバメ』の鳴き声です。

こたろうの仕事場の建物には巣があり、毎年2~3組のツバメがやって来ては巣立って行きます。

「去年巣立っていったツバメが帰ってきたのかな。」

などと思いながら、すぐそこまで来ているであろう『春』に想いを寄せていました。

「お茶が苦手」の話

こんにちは、こたろうです。

こたろう、お茶が苦手です。

嫌いは言い過ぎかもしれませんが、週に1回飲むか飲まないかくらいの頻度でしか飲んでません。

1日の水分のほとんどをコーヒーに頼って生きているので、お茶を飲むならコーヒーにするかな。と考えてしまいます。

相方はお茶が好きなようで1日の水分のほとんどはお茶のようです。

そんなときに、ふと、子どもたちはお茶が好きなのかな?

などという疑問が頭に浮かびました。

子どもたちが家で飲むものといえば、お茶を主力と考えると、後はリンゴジュースか牛乳くらいのものです。(風邪薬の甘いシロップもありますが、)

子どもたちにお茶は好きか聞いてみたところ、

長男「おちゃちゃ、しゅき。」

長女「お茶、すき。」

との返事をもらいました。

考えすぎなだけかもしれませんが、まだ選択肢自体が少ないので、比較的飲みやすく馴染みのあるお茶に優先順位がついたのかもしれません。

こたろうが1日お茶だけで過ごすとなると、、、

考えないようにしておきたいと思います。

明日からは晴れになるようなので、仕事の合間に布団でも干そうかと目論んでいます。

「電子たばこ」の話

こんにちは、こたろうです。

巷では『電子たばこ』といわれるものがブームになっているようですが、ご存知でしたか?

無煙に近い製品もあるらしく、子どもを連れて出歩くことの多いこたろうとしては非常に気になる話題です。

そもそも『電子たばこ』とは?

紙巻き型たばこは、植物の葉に火をつけて、燃やした煙を吸うのに対し、電子たばこは火を使わずに電気で熱し、生じた水蒸気を吸うという違いがあります。


副流煙が生じずにスマートで健康によい。
クリーンである。

と言われていますが、実際のところはどうなのでしょう。

カートリッジ交換タイプの場合には中身さえ入れ換えれれば、覚醒剤や違法ドラッグなどの吸引が容易にできてしまいそうな気もしますし、カジュアルで格好いいイメージがつけば若者の喫煙を助長してしまいそうな気もしています。

比較的新しい分野なので、健康被害の良し悪しもまだ研究できていないようです。

たばこを嗜まないこたろうとしては、煙さえでなければ良いとも思っています。

ますます盛んになるであろう『電子たばこ』業界を、少し注目しておきたいと思います。

「お酒に願掛け」の話

こんにちは、こたろうです。

どちらの家庭でもそうだと思いますが、子どもが小さい間は、誰か1人は車を運転できる人を残しておく。


我が家では相方が主にその任を担っております。

相方よ、いつもありがとう。

こたろうは夜はほぼお酒のんでます。

ビール、日本酒、焼酎、ワイン。なんでも大丈夫です。

相方は妊娠前までは、土日にちょこっと飲んだりしていました。

でも、長男の発熱を機に飲んでいません。


発熱した前日に相方と晩酌をしたのですが、次の日に長男が40℃を前後する熱を出してしまいました。

普段なら次の日には下がり、元気一杯になる予定でしたが、その時には5日ほど高熱が続き、入院までしてしまいました。

それ以来、相方は願掛けとして子どもが大きくなるまで禁酒しています。

子どもが病気にかかりやすいのは『つ』がつくとき。

『つ』が外れれば病気になりにくくなると言われているようなので、数年様子をみてみたいとおもってます。


『ひとつ、ふたつ、、、、、ここのつ』つがつく

『とお』10才からはつがつかない

ということみたいです。

「目にミエルかミエナイか」の話

こんばんは、こたろうです。

皆さんは『おばけ』みえますか?



いきなりで驚かれたかもしれませんが、そこまでたいした話ではないです。

『みえるもの』と『みえないもの』

はどちらが恐怖を感じるのかなぁという、こたろうの疑問の話です。

・おばけ

もとい『幽霊』といわれるものは、基本的にはみえないとされています。

みえないのに怖い?

みえないから怖い?

見えても怖いですし、見えなくても怖さを感じてしまいますよね。


・ホラー映画

仮に自分が襲われる立場だった場合、

殺人犯が視界に入っている。

殺人犯が視界に入っていない。

どちらが恐怖を感じるのか、、。


・自分の手のひらくらいある蜘蛛

さっきまで、そこの角にいたのに。目を離すタイミングを間違えた。

しかもここは寝室なのに、、。



見えても見えなくても怖いですよね。

ちなみに、こたろうの先輩で霊感が強く、時折見えたりもする方がいるのですが、先輩曰く、

危ないやつは危ないし、大丈夫なやつは大丈夫。

だそうです。

見えない人からすると、

見えないのに判断できないじゃん!

となります。

とくに答えもなにもない、ただの疑問の残る内容ですみません。

「新年度の準備」の話

こんばんは、こたろうです。

来月より保育所で使用する物の準備をしてみました。

今年度準備した数に比べると多くはなく、

・通学用かばん
・上履き
・上履き入れ
・歯磨き用コップ
・歯磨き用コップ入れ
・靴下

を、長男用と長女用に2組準備しました。


近頃は100均にも多種多様な品揃えがあり、何か準備するものがある度にお世話になっています。

子どもたちの通学用かばんといえばエナメル質なイメージがあり、今回購入したタイプもエナメルでした。

姉がおさがりを構えてくれていましたが、基本的にはそれぞれ準備し、緊急用としてありがたくいただいています。
特に服のおさがりは助かるもので、いとこが多い分、次々にいただけます。
サイズとシーズンさえあえば完璧なのですが、さすがにそうはいかずアレンジを加えてありがたく使わせてもらっています。

保育所に通いはじめてもうすぐ1年。

1年前はまだ歩くことが上手ではなかったのに、今では走るようになりました。

次の1年も、おどろきで満ちてくれることを期待しています。