こたろうの日々

男女の双子育児と趣味について好き勝手に語ってます

「雨の音と少しの珈琲」の話

こんばんは、こたろうです。

皆さんは雨の音は好きですか?

雨の音といっても、雨自体の音ではなく、雨が物に当たったときに生じる音のことです。

こたろうの住んでいる地域に雨が久しぶりに降っています。
地域放送で『雨が非常に少ないので節水してください。』と流れたほど久しぶりの雨です。

電気を消した部屋の中で、ぼーっと雨の音を聞いています。

部屋にいて聞こえる雨の音は2種類。

・ベランダの屋根に当たる音

・発泡スチロールに時折当たる音

です。


ベランダの屋根に当たる音で雨の降り始めを感じ、発泡スチロールに当たる頻度で雨の強さを感じます。

きっと母の胎内にいたときには、こんな音がしていたんじゃないかと思うほどにリラックスし、時間の流れさえも忘れさせてくれます。

車の運転中に雨に行き当たれば、時間があるときには静かな所に車を停車し、運転前に買ったであろう缶コーヒーをお供に雨の音を聞いています。


後少し、今の雨に耳をすませながら、すっかり冷めてしまったコーヒーをお供にまったりしたいと思います。

それでは皆さま、おやすみなさい。

「もやしの行方」の話

こんばんは、こたろうです。

もやしが食卓から消えるかもしれない。


何とも衝撃的な見出しが目に飛び込んできました。

優等生といわれてきた『もやし』。
しかし、現実には生産業者さんの努力でささえられているわけで、いつバランスがくずれ、生産されなくなるかもしれないというのです。

もやしが安く提供されている理由としては、
・10日前後で出荷できる
・水があれば育てられる
・比較的工場化がすすんでいる
という点にあるようです。

肥料などを使用せず、短期間で出荷できるもやし。


しかしながら、原材料の高騰が利益を直撃するため、生産業者さんも軒並み減ってきているようです。

それに加え、安価なイメージのついたもやしは安売りされやすくなっているようです。


もやしは名脇役でありながら、主役級の働きをしてくれています。
いくらまでなら購入するかを考えてみましたが、こたろうは90円でも買います。
相方は50円くらいのようです。

少し高価でも『もやしのある食卓』と、『もやしのない食卓』。
どちらがよいのでしょう。

「安いから買っているけど、高ければ買わないよ。」
などと言わず、

「やっぱ、もやしがないとね。」
と、笑顔で食卓に並んでおいてほしいものです。

「電車vs車両」の話

こんにちは、こたろうです。

2歳をむかえ、前に比べても明らかにおもちゃで遊んでくれるようになった長男。

世間では、鉄道派か車派かで趣味が別れることが多いようです。

そこで長男の話を少し。

我が家にあるおもちゃは、今のところ車両率100%となっているので、遊ぶときには車が好きそうに見えます。
絵本は電車や新幹線のものしかなく、本を読んでいるときには鉄道が好きそうに見えます。

家のまわりの話をしてみると、家の前にはそれなりに交通量のある道が通っています。
散歩などをする時には、ブーブー来た!と嬉しそうにしているので興味はありそうです。

反対側をむくと、鉄道がすぐあるので、家の中にいるときにも音が聞こえてくると、きしゃ来た!と教えてくれます。

育児ブログなどを拝見していると、車のおもちゃと新幹線のおもちゃを並べてみて、どちらでたくさん遊び興味がありそうか。

をやっている方がいたので、今度新幹線のおもちゃを買ってきて、並べて置いてみようかなと思ってます。


ちなみに、車や鉄道以外にも土日にはハンググライダーがとんでいたり、ハーレー乗りさんたちがツーリングしていたりと、刺激を受けそうなものがたくさんある田舎で暮らしています。

「高価なものがベストとは限らない」の話

こんばんは、こたろうです。

少し買い物があったので、電気屋さんに行ってきました。

お目当ての商品をかごに入れ、ブラブラと店内を散策しているとドライヤーを陳列している場所にたどり着きました。

そういえば、姉がドライヤーを買い換えようかと悩んでいたなぁ

なんて考えながら、ぼんやりとドライヤーをみていたのですが、いやはや、種類が多くて普段からドライヤーを使わないこたろうにとっては異空間でした。

よく耳にする有名メーカーの商品を探してみましたが、そのメーカーだけでも3種類ほどグレードがあり、いまいち違いが分かりませんでした。

店員さんにお勧めのグレードを聞いてみると、多機能なグレードをお勧めしてくれました。

確かに多機能な分、色々と良いのかなぁとも考えましたが、こたろう的には風さえ吹けば問題ないかな程度の認識だったので、とりあえずカタログをいただいて会計を済まして帰りました。

後に姉にグレードと店員さんの話をしてみましたが、

私も乾きさえすれば良いと思ってるよ。

と言われ、

高価なものはベストではなくベターなんだなぁ

なんて思ってしまいました。

もちろん高価で多機能な商品を否定するわけではないです。

ただ、こだわりのあまりない部分に関しては、そういう選択肢もあり得る、という話でした。

「シーツの洗濯頻度」の話

こんばんは、こたろうです。

シーツ洗ってますか?

相方と子どもたちとこたろう、4人で同じ場所に布団を集めて雑魚寝しています。

相方も仕事をしているので平日にはなかなか布団は干せず、どうしても土日の天気次第になってしまいます。

ここのところ土日の天気が思わしくなく、なかなか干すタイミングに巡り会えていません。

子どもたちが生まれた頃に、布団乾燥機を買うか悩んでいたことがありましたが、結局未だに買うには至っていません、、。

分けて干せば良いようなものなのですが、平日には保育所から持って帰ってきた着替えなどが多くなかなか手が回りません。

明日明後日の天気にかけてみたいと思います。

さてさて、どうなることやら

「子どもの靴の汚れ」の話

こんばんは、こたろうです。

保育所に通っている子どもたち。
2歳はまだ靴下着用ではないのでとにかく靴の中が汚れます。

裸足で広場を駆け回ったとしても、部屋に上がるときには洗われているはずなのに、かなりの汚れ具合です。

子どもは体温が高いからか、発汗もよいようで、少し見て見ぬふりをしていると、靴から何やら鼻をつくような臭いもかもしだしてきます。

よし、靴を洗おう。


と思い立ったのはよかったのですが、さて、洗剤は何を使えばよいのか、頭を悩ませてしまいました。

洗濯洗剤でいいんじゃないの?


確かにそうなんですが、我が家はジェルボールを使ってまして、さすがにフィルムを破ってまで洗うのは気が引けてしまいました。

次に考えたのが、台所洗剤。

我が家はマジカを使用しています。

油汚れに強いという謳い文句の洗剤なので、皮脂にも強いのかなぁとは思いましたが、他にも何かないかと保留にしました。

ごそごそと起死回生のチャンスを探していると、ありました、

車のディーラーでお正月に貰った福袋の中の粉洗剤。


粉洗剤、すごいですよ。

液体洗剤と比べて中敷きに浸透していかない分、表面の汚れを効率的に落としてくれました。(浸透していかない分、中の方はどうなんでしょう、、。)


子どもたちの靴を洗っても半分以上余ったので、輪ゴムでとめて次の活躍の時を待ってくれています。

頂く機会の多い洗剤類。
使ってるやつと違うからという理由で押し入れに入れっぱなしにするよりは、試しに洗面所の下に置いておくと、意外なところで効果を発揮してくれるかもしれませんね。

「いやだいやだ」の話

こんばんは、こたろうです。

いやだいやだ、と書きましたがイヤイヤ期というわけではありません。

もちろん、イヤイヤ期ではあるのですが、今回は違います。

昔々、NHKおかあさんといっしょで人気だった『こんなこいるかな』が絵本となり発売されるようです。

この放送時期がこたろうと相方の子どもの頃と完全に一致し、

こた「めっちゃ懐かしいね!」

相方「おばぁちゃん家にこのキャラクターのコップまだあるよ(笑)。」

等と盛り上がりました。

放送されていた時は子どもでしたが、親となった今、改めて個性的なキャラクター達をみると、なんとなく共感できる部分もあるのかなぁと思ってしまいます。

こたろうの子どもの頃は、『こんなこいるかな』『にこにこぷん』『アルフ』『フルハウス』をよくみていたなぁと思い出したりしました。

小さい頃の思い入れのあるテレビ番組、ありますよね。